« 雨の日の散歩 | トップページ | オバハンは怖い »

2010年3月27日 (土)

間違ってるで、太郎

100326_114801

一人で赤影ごっこか太郎、刀差すの逆やで。

犬と遊ばせてやりたいけど先日行ったビッグワンパーティーでは犬種毎の写真撮影で「その他の犬種」と扱われた、確かにあのパーティーは犬の品評会みたいに血統の確からしい犬ばかり集まっていたが「その他の犬種」なんて表現はちょっと差別的表現で不愉快さを感じる、せめてミックスドッグの呼んで欲しかった、しかしミックスってなにやらお好み焼き屋のメニューみたいで安っぽい、何かいい表現はと考えるに自然に任せて出来た犬種なので「ネイチャードッグ」はどうだ、我ながらものすごくいいネーミングだと思う、待てよ、犬の血統にこだわるならその原産地もこだわる必要かある、太郎は和歌山の保健所で保護された犬なので原産国は外国っぽく「ビューティフルワカヤマカントリー」はどうだろう、或いは「ミカンオイシイヨワカヤマ」なんてのも悪くない、が、なんとなくネイチャードッグ太郎にはしっくりこない、何かが変だ、ワカヤマが変なのか、血統のハッキリした犬の飼い主はもしかしたら和歌山=かっぺと差別するかも知れんな、うーむ・・・いいのを考えたぞ太郎「South of country of the North Pacific」これをロサンジェルスのLAみたいSOCOと表現する、誠にそれらしい国名だ、喜べ太郎、ん、太郎、太郎、迂闊やった、太郎はあかんわ、この際「デイビット ベッカム」に名前を変えるか、いや待てよ、太郎は黒色の犬なので「ボボ ブラジル」のほうがいいか、何ー?、古いってか、それなら「アブドーラ ザ ブッチャー」はこれも古いか、仕方ない「バラクオバマ」で決定や、もうこれで我慢せえ。

ある日、太郎と散歩中にアフガンの飼い主Aさんと会った時の風景

Aさん 「立派な犬ですなー、何犬ですか?」

私   「ネイチャードッグです。」

Aさん 「原産国は何処ですか?」

私   「South of country of the North Pacific、略してSOCOです。」

Aさん 「この立派な犬のお名前は?」

私   「バラクオバマ、皆は親しみを込めてバッキーと呼びます」

Aさん 「いやー、立派なモンですなー」

私   「いやいや、それほどでも、」

« 雨の日の散歩 | トップページ | オバハンは怖い »

コメント

世の中に生きているのは俺ら人間だけではない!!もっとほかの生き物を尊敬すること。もっと大自然にありがたい気持ちをもつ事!もっと自分の欲望を控える事!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180324/47921716

この記事へのトラックバック一覧です: 間違ってるで、太郎:

« 雨の日の散歩 | トップページ | オバハンは怖い »